病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

「薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ」のカテゴリを含む記事

アトピー性皮膚炎の青年 その2

「アトピー性皮膚炎の青年 その1」の続きです。話の流れで先にステロイド剤のお話をしましたが、肝心の骨格を確認することを怠ってはいけません。彼の場合、立位で後姿を見てみると、やはり骨盤は右に上り、肩は右が下がっています。「やはり」と書いたのは、こちらに来られるアトピー性皮膚炎の患者の95%がこの様な身体の歪み方をしていて、歪みが少なくなるに従い皮膚状態も改善していく傾向があるからなのです。この身体の...

アトピー性皮膚炎の青年 その3

2回に分けてお話をしてきました「アトピー性皮膚炎の青年」です。ステロイド剤を中止した為の激しいリバウンドは起こりませんでしたが四肢の皮膚が厚く、少し大げさに言えば象のようになっているものですからなかなか思うように改善しませんでした。それでも1年の間、定期的に身体を整えに通った彼の気持ちには一緒にがんばってきた我々としても頭が下がります。目だった改善もなく丁度1年が過ぎようとしていた頃にやっと顔、頚...

アトピー性皮膚炎患者さんの感想

アトピー性皮膚炎の改善写真(女子中学生)これまでアトピー克服のために様々な努力をしてきたが、ストレスの為か、今まで以上に症状が悪化し、悩んでいたところ、母親の友人の紹介で、中学2年の初冬に母親とともに来院した。彼女自身そして母親も今後の将来への不安、これからどうしていったらよいのか大変悩んでいた。      (改善前写真)         (改善後写真) 両目から両頬にかけて炎症と浸出液  目から頬に...

アトピー慢性化の仕組み解明?!

こんにちは、さいたまセンターです。  先日のニュースで「アトピー性皮膚炎慢性化の仕組みが解明された」との報道がされていました。ダニなどのアレルギー物質が体内に侵入すると、免疫細胞が働いてかゆみが生じると同時にたんぱく質「ペリオスチン」が大量に生成され、「インテグリン」とよばれる別のたんぱく質と結びつくことで皮膚の炎症を増幅させアトピー性皮膚炎が慢性化することを、佐賀大などの研究チームが発見しました...

アトピーは甘いものを取るとひどくなる??

こんにちは 横浜センターです。アトピー性皮膚炎の方で甘いものがお好きな方は多いのではないでしょうか? 過剰な糖分摂取がアトピーに良くないということは アトピーの患者さんの間ではよく知られた話だと思います。実際 アトピーで苦しんでる全ての方が糖分摂取で炎症がひどくなるとは言い切れませんが当センターに来るアトピーの患者さんで 甘いものを食べた後は痒みや炎症が酷くなった  とよく伺います。では なぜアト...

アトピー性皮膚炎の改善

アトピー性皮膚炎の改善今回はアトピー性皮膚炎で来院された 小学4年生の女の子の症例をご紹介します。  取り戻そう!薬のいらない健康な身体!!アトピー性皮膚炎の症状が1歳過ぎから手の甲、口の周囲現れ始めたのをきっかけに3歳半頃から漢方薬を服用、ステロイド剤も塗布したりしなかったり・・・ 他にもステロイド内服薬の服用や湿潤療法など・・・あらゆる方法を試されても10歳の現在までアトピー性皮膚炎の改善には至り...

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎 前回アトピー性皮膚炎の症状で来院されている小学4年生の 患者さんの記事をご紹介しました。     ※前回の記事はこちら!⇒ アトピー性皮膚炎の改善   実はこの患者さんは新潟にお住まいで、当治療センターのあるさいたま新都心まで毎回車で来院されているのです!当初は学校が春休みだったことや、アトピー性皮膚炎の症状が酷かったこともあり 週に2回来院されていましたが、春休み終了後も週1回しっか...

アトピー性皮膚炎 白内障

アトピー性皮膚炎と白内障こんにちは、横浜センターです今回はアトピー性皮膚炎と白内障の関連についてですウィキペディアでは白内障の多くの発症は45歳以上の中年に多く、年齢を重ねるにつれて割合が増加する。また、80歳以上の高齢者はほとんどが何らかの形で白内障の症状を引き起こしているといわれると書かれています。川井筋系帯療法には多くのアトピー性皮膚炎の患者さんが来院されていますが横浜センターに来院された方だけ...

アトピー性皮膚炎で不足しやすい栄養素、サプリメントとは?

アトピー性皮膚炎で不足しやすい栄養素、サプリメントとは?前回 甘いもの(糖分)とアトピーとの関係についてお話しましたが 今回は アトピー性皮膚炎に有効なサプリメントをご紹介します。まずはその一つとしてカルシウムとマグネシウムです。一般的に日本人は カルシウムとマグネシウムが不足しがちだと言われていますがアトピー性皮膚炎により病院で必ず処方されるステロイド剤も使用することにより食事からミネラル分が上...

アトピー性皮膚炎の改善 その①

アトピー性皮膚炎の改善 その①先日アトピー性皮膚炎で悩んでいる小学校6年生の男の子、N君が来院されました。 N君は生まれた時からアトピーだったようで、小学校入学時に一旦改善していましたが約1年前から額に湿疹が出始め、約1ヶ月くらい前から症状が顔中に広がりました。                       (初回来院時撮影) 初めて当治療センターに来院された時は、顔にかなり強くアトピーの症状がでて...

アトピー性皮膚炎の改善 その②

アトピー性皮膚炎の改善 その② 少しずつ、しかし着実にアトピー性皮膚炎の改善をしていったN君。 学校でも友達から『顔が綺麗になってきたね!!』と言われたり 先生から『整体でアトピーが改善するんだね~』と驚かれたりしたそうです。   ※前回の記事、「アトピー性皮膚炎の改善 その①」はこちらアトピー性皮膚炎は「体質的要因」により起こってくるものです。 その「体質的要因」とは、簡潔に言うと『身体の機能が適...

アトピー性皮膚炎の改善 その③

アトピー性皮膚炎の改善 その③今回は、アトピー性皮膚炎を改善したN君とお母さんの感想をご紹介します。 前回までの記事はこちら    ※『アトピー性皮膚炎の改善 その①』   ※『アトピー性皮膚炎の改善 その②』    ========================================================== 息子のアトピーが悪化したのは小学校六年生の時でした。  特に顔に出ていたので、いつもうつむいて、かくす様に歩いていました。  ...

夏悪化型アトピー性皮膚炎、対策

夏悪化型アトピー性皮膚炎の方が、生活が少しでも楽になればと思い、対策をお話をさせていただきます。多くのアトピー性皮膚炎と診断を受けていらっしゃる方は、皮膚科での標準治療とされる、お薬(ステロイド剤・保湿剤)などを皮膚に塗り、当面のかゆみ対策としてしのいでいると思います。ここでお薬を使われている方の生活上での注意点で、お薬は緊急避難的な使用は、かゆみで生活が困難になるのを避けるため必要な方もいます。...

子供のアトピー性皮膚炎

子供のアトピー性皮膚炎6月の梅雨時期に入り、雨の日が続き湿気も多くなり アトピー性皮膚炎の方は過しずらいかと思います。 この時期は、季節の変わり目や気圧の変化などにも影響を受けるため アトピー性皮膚炎が一時的に悪化する事も少なくありません。     特に子供は大人と比べて体温が高く、よく動くため発汗しやすいので 汗によるかゆみに注意し、親御さんが対策を取ることが必要になります。 その汗によるアトピ...

アトピー性皮膚炎 気になるデコルテライン(首から胸元)

デコルテ(首から胸元)のアトピー性皮膚炎女性の方で、デコルテライン(首から胸元)のアトピー性皮膚炎にお悩みの方も多くいますね。顔の次に目立つ部分なので、かゆみもさることながら、ついつい保湿剤やステロイド剤などの薬剤を使い過ぎてしまう方が多くいます。(アトピー性皮膚炎デコルテライン改善前)そして、保湿剤やステロイド剤などの薬剤を塗っても症状を繰り返してしまい、挙句の果てに薬剤(化学合成物)依存症になっ...

大人のアトピー性皮膚炎

大人のアトピー性皮膚炎 当治療院には、肩こりや腰痛の症状でお悩みの方がたくさん来院されますがアトピー性皮膚炎の症状でお悩みの方も数多く来院されています。『整体でアトピー??』と疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれませんが小さなお子さんから大人の方まで、その年齢は幅広いです。     (骨盤・股関節を中心とした『骨盤ゆらゆら整体』施術風景)なぜアトピー性皮膚炎が整体で改善するのでしょうか?もともと...

ステロイド等を使わずにアトピー性皮膚炎を改善!

ステロイド等を使わずにアトピー性皮膚炎を改善!先日、『なぜアトピー性皮膚炎が整体で改善するのか?』というお話をしましたが、今回はもう少し詳しくお話しをしたいと思います。もともと、アトピー性皮膚炎は体質的要因によって皮膚に過剰な炎症症状が起こるものなのですが、「薬」と呼ばれるステロイド剤や保湿剤などの化学合成物を過剰に使用していたり、長期間使用し続けたりしていることによって「薬」自体が効かなくなって...

アトピー性皮膚炎の改善に!

当院では腰痛を中心とした痛みでお悩みの方とアトピー性皮膚炎、喘息をお持ちのアレルギーの方が来院されます骨盤を中心に骨格を整え、筋肉の緊張を緩め主に副腎皮質ホルモンの分泌にかかわる副腎の働きを活発にしていくことにより体質改善を進めていきます今回は、アトピーでお悩みの33歳の女性患者さんの声をご紹介します20才頃から手荒れが出始めその後徐々に全身に症状が広がりましたステロイド、保湿剤塗布し一時は症状が治...

アトピー性皮膚炎の薬を使わない治療法!

アトピー性皮膚炎の薬を使わない治療法!  アトピー性皮膚炎の症状でお悩みの方は、春先の花粉の時期とても辛い思いをされている方も多くいらっしゃると思います。当治療センターにも、春先の3~4月にかけては花粉の影響か、アトピー性皮膚炎での問い合わせがとても多くなる時期です。   アトピー性皮膚炎と花粉症を併発している方は、抗アレルギー薬などを服用されている方も多くいらっしゃると思いますが、飲み薬も使用を続...

顔に出るアトピー性皮膚炎の症状

『顔に出るアトピー性皮膚炎の症状』《アトピー整体のパイオニア!》川井筋系帯療法治療センターでは、病院でよくならなかった様々な痛みや症状の改善をお手伝いさせていただいていますが、中でもアトピー性皮膚炎の症状に関しては、20年以上にわたり独自の研究を重ねており、症状改善の成果をあげています。(参考)大勢います!アトピー性皮膚炎を克服した方々(実証写真)アトピー性皮膚炎の症状で来院されている患者さんの年代...

Top