病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2018 02/25

パーキンソン病、アルツハイマー病の新薬の開発の中止

先日、アメリカ大手製薬会社のファイザーパーキンソン病アルツハイマー病の研究を含む神経科学の新薬研究開発の中止を決定したそうです。

パーキンソン病アルツハイマー病の方にとって悲報ですが、しかしこれで病気が
もう治らないのかと諦めてしまい何もしなければ、症状は進行する一方です。


パーキンソン病は有病率が10万人あたり100~150人で
日本における神経変性疾患で2番目に多く

主要な症状としては

安静時振戦      肢全体や下肢などのふるえ

アキネジア      動作の開始が困難となり、動作が全体にゆっくりとして小さくなる。

筋強剛        力を抜いた状態で関節を他動させた際に抵抗がみられる。

姿勢保持反射障害  バランスを崩しそうになったときに倒れないようにするための
          反射が弱くなり、小刻み歩行、前傾姿勢、突進歩行になります。

       
             pksb2_convert_20180123153617.jpg

現在、京都大学ではヒトiPS細胞から作成したドーパミン神経細胞をパーキンソン病の
カニクイザルの脳に移植して研究や実験が行われているようです。
実験ではヒトiPS細胞由来のドーパミン神経細胞を8匹のカニクイザルに
移植し移植が原因とは考えられない病気を発症した1匹を除いた7匹は
移植後約1年にわたり徐々に足の震えが減り、行動が活発化することが確認でき、
移植した細胞が一定量生着してドーパミンを作り出していることや1年半から2年は脳内に腫瘍を作らないことも確認したそうです。
予定では2018年度に患者の脳に移植する医師主導の臨床試験が始まるようです。
今後、IPS細胞などの研究が進みパーキンソン病が治せる時代が来れば
大変喜ばしい事です。

丁度この記事を書いてる時に数年前に腰痛で通っていた患者さんがパーキンソン病になり、
3か月前位から右の腰に痛みが出てきてしまい再来院されました。
初回は横浜駅からこちらのセンターまで歩くことが出来ず、タクシーで来られましたが
3回目の施術の時にはゆっくりですが、横浜駅から徒歩で来れるようになったと喜んでいました。

この患者さんの様にパーキンソン病で筋肉が硬縮して固くなり関節の動きが悪く
スムーズに歩いたりする事が出来なくなりその状態のまま生活をしていた為、
腰や膝に痛みが出てしまい来院される方もいます。
現在の医学ではパーキンソン病に対する根本的な治療法は無くパーキンソン病を
治すことは出来ませんが2次的に起きてしまった腰や膝の痛みなどは改善することはでき、
日常生活動作(ADL)を向上させるお手伝いは出来ます。
2010033022583162cs_201802251244383a0.jpg

筋肉や関節が硬縮してしまい、腰、膝などに痛みが
出ている方は、お近くの川井筋系帯療法に相談ください。













関連記事

この記事と関連する記事

パーキンソン病、アルツハイマー病の新薬の開発の中止

(0)TB(0)

AFTER「メニエール病  薬を使わずに改善!!

BEFORE「喘息の症状 治し方!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top