病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2017 10/16

左の腰の痛み、左鼠径部、左大腿前面痺れ、痛みの62歳の男性

初回の来院日の10日前頃から左腰から左鼠径部、左大腿前面に痛みと
痺れが出てきて近くの整形外科にて痛み止めを貰い服用するも症状が
改善されず、夜中も痛みで起きてしまい足を引きずった様な状態で来院されました。

初回の検査時に下肢伸展拳上テストでは20㎝程度しか上がりませんでした。
002_convert_20171014101842.jpg

施術経過 初診日平成29年4月25日

一回目の施術で少し痛みが和らぎましたがまだ痛みはあり症状が酷いため、

最初の10日間は毎日通院し3回目(4月27日の施術後)から痛みで夜中に

起きる事が無くなり7回目の施術後は歩行がかなり楽になり初回に来た時の様な

足を引きずる様な事は無くなりました。

10回目の施術時には左大腿部の痺れはまだあるが、痛みはあまり無くなり
15回目の施術時には左大腿部の痺れもほとんど無くなり下肢伸展拳上テストで  
足が痛みなく上がる様になっています。
002_(2)_convert_20171014101441.jpg
現在は2週間に1回程度の通院ですが多少左大腿部に力が入りにくさが在るものの特に
痛みは無く生活出来ているようです。

初回時のモアレ写真では左骨盤が上がり左肩が下がり左側に身体が傾き
左腰椎の所で神経を圧迫している状態です

003_convert_20171014102328.jpg


施術開始から25回目の施術後のモアレ写真です
左の骨盤も大分下がり肩も水平に近い状態に成ってきてしっかりと立てるように成っています。

003_convert_20171014102651.jpg

椎間板ヘルニアなどで下肢の痛みでお困りの方は是非お近くの川井筋系帯にご相談下さい。
関連記事

この記事と関連する記事

左の腰の痛み、左鼠径部、左大腿前面痺れ、痛みの62歳の男性

スレッドテーマ : 膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら! ジャンル : ヘルス・ダイエット

(0)TB(0)

AFTER「雑誌【壮 快】脊柱管狭窄症特集で紹介されています!

BEFORE「病院で治らない眼精疲労!~目の奥がズキズキ痛い~

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top