病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2017 05/16

アトピー性皮膚炎の皮膚状態がよくなる方法

アトピー性皮膚炎の

皮膚状態が良くなる方法


 アトピーステロイドのリバウンド

 アトピー完治
 (川井筋系帯療法:施術例1)

アトピー性皮膚炎に悩まれて、
薬に頼らない改善方法を探し、
来院される方は非常に多くいらっしゃいます。



アトピー性皮膚炎皮膚状態が良くなれば、
体感的なかゆみが良くなるのは知っていますか?

アトピーによるかゆみ



*一般的に多くの人の考え方は、
アトピー性皮膚炎はかゆみで掻いてしまい、皮膚の状態が悪くなる』
と考えます。

多分、アトピー性皮膚炎の症状がある方でも、
良い皮膚状態の部分はあると思います。

また、良い皮膚状態の部分は、
かゆみ感はあまり無いと思います。


つまり 『状態の悪い皮膚だからかゆみが出る!!』
と思ってください。


ならば、 

皮膚状態を良くすればかゆみは軽減する。』

ということになります!!

 
atopic40.jpg

 atopic41.jpg
 (川井筋系帯療法:施術例2)

アトピー性皮膚炎の施術例ブログ≫



私たちの治療院では、
アトピー性皮膚炎のかゆみを取り除くことより、
皮膚状態が改善してゆくと44考えます。




では、
アトピー性皮膚炎皮膚状態
どうすれば丈夫な皮膚になるか?


このブログを見ていただいた方に、自宅でできる
アトピー性皮膚炎皮膚状態を良くする方法、
いくつかあるうちの1つ、特にできれば実践していただきたいのが、


 『入浴時、石鹸の使用』です。


 EJ004_01_1.jpg

これは驚かれる方も多いと思います。
当院に来れれるアトピー性皮膚炎の患者さんでも、
最近一部、皮膚科先生の考え方やネットなどの情報で、
アトピー性皮膚炎皮膚状態は石鹸を使うのは間違い』
と信じている方が多いです。


入浴で石鹸を使う理由は、
大きく2つあります。


1.皮膚の環境をよくする

皮膚は人間の防御壁と呼べるものです。
家の壁もいろいろと汚れがついたりします。

人も汗や皮脂などいろいろ汚れが皮膚に着きます。
お風呂のお湯程度で落ちる汚れはよいのですが、
油の汚れなどは、お水では落ちません!!

油の汚れは、石鹸を使わないと汚れ落ちません。
(食事後の食器も洗剤を使って汚れを落としますよね!!)

皮膚に塗布する薬の多くは油が主成分になっていることがあります。

皮膚に塗った油は時間が経つにつれ酸化して、
皮膚にとって汚れになります。


そして、体温36.5°、適度な湿度、皮膚の剥がれ落ち(タンパク質)
これら条件は皮膚の上の雑菌培養地になり、
当然、皮膚の刺激となりかゆみを発生します。


2、皮膚が空気に触れる状態をつくる。

塗り薬などを多く塗ることにより、
皮膚と空気との間に油の膜を作ります。

これは皮膚にとって長期間この状態が続くのは、
あまり良い状態ではありません。


なぜならば、皮膚は空気に触れることが、
丈夫な皮膚を作る条件になります。


皮膚は空気に触れることにより、
傷口をふさぐカサブタが作られます。
そして、カサブタの下で皮膚がつくられます。


もし、皮膚が空気に触れなければどうでしょうか?
ケガで血が出たときにセロテープのようなもので、
傷口をふさいだ時(完全密封)を考えてください!!

完全密封をしてしまうと傷口にカサブタがいつまでも出来ず、
傷口がグジュグジュな状態になってしまうことは
みなさん想像ができますよね!!

その皮膚状態では、すぐに皮膚が傷になってしまいます。


包帯バンドエイド

病院で使う包帯や、市販の『バンドエイド』などはメッシュ状になっているのは、
皮膚が空気に触れることで丈夫な皮膚状態をつくるためなのです!!

別の例では、女性が朝お化粧して、寝る前にクレンジングするのも同じです、
夜寝ている時間に皮膚が空気に触れることで皮膚のコンディションが維持できます。
(皮膚が空気に触れる必要がなければ、毎日お化粧落とす必要がなくなります。
しかし、お化粧を落とさなかったら・・・お肌の状態は悪くなりますよね!!)

お化粧
(実験で1か月間、お化粧を落とさなかった、イギリス人ジャーナリスト)



この2つの大きな理由を理解することで、
入浴時の石鹸の使用が皮膚状態をより良くするための
方法であるということがお分かりいただけると思います。。


入浴時に石鹸を使用する場合
比較的、皮膚状態の良いところから無理のない範囲で始めてください!!

1.入浴時に石鹸を泡立て、希釈してから
  手を使って洗ってください。

2.最初は皮膚状態が良いところから
  素手を使い洗い落としてください。

3.しばらくなれてきたら、皮膚の荒れているところを少しづつ、
  様子を見ながら汚れ落としてください。
  (傷口がしみるなどのときは無理しないように)

*今まで石鹸を使用していなかった方は、
 皮膚状態が急激に変化する場合があります。

 ・皮膚の剥ける量が多くなるため、
  一時的にかゆみ感が強くなる場合もあります。
 ・皮脂の分泌量が少なくなっている方は、皮膚が突っ張り感を感じる方もいます。

石鹸の使用で皮膚状態の変化が大きすぎる方は、
一時的対策として

その場合入浴で石鹸を使用して、
皮膚の上に残っている古い塗り薬を落として、

入浴後に新鮮な塗り薬を塗布しましょう!
(同じ薬を少ない量でも同じ効果が得られると思います。)


皮膚状態が変化するには、約1か月ごとのサイクルで、
皮膚が新陳代謝して入れ替えあります。

(20歳ぐらいの成人の基準としています。
年齢が若い場合は、皮膚の入れ替わるサイクルが早く、
年を重ねると皮膚の入れ替わるサイクルは遅くなります。)

この皮膚の新陳代謝を何度も繰り返します。

皮膚が入れ替わっていくことにより、
丈夫な皮膚状態になっていくのです!

アトピー性皮膚炎で悩まれている方、
かゆみを良くするためには皮膚状態を良くすること考えましょう!!



川井筋系帯療法治療センターでは、
アトピー性皮膚炎と『身体の歪み』を中心に
『取り戻そう薬のいらない健康な身体!!』
を研究して35年以上になります。

色々と薬など付け足していくのではなく、
自分の身体に備わっている能力を高めてゆき
身体の歪みと生活のスタイルの改善などによって
アトピー性皮膚炎体質の改善が図られます。

アトピー性皮膚炎にお悩みの方、

川井筋系帯療法・各治療センター


東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

までご相談ください!!




関連記事

この記事と関連する記事

アトピー性皮膚炎の皮膚状態がよくなる方法

(0)TB(0)

AFTER「『X JAPAN』YOSHIKIさん 頚椎手術

BEFORE「五月病(疲労感や無気力) を改善するには・・・?

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top