病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2015 06/05

膝の痛み 靴底の減り方

こんにちは、横浜センターです。
 

О脚やX脚膝の痛みがある患者さんの靴を見てみると

靴底が極端に片側だけ減ってしまっている方がいます。

img_0.jpg

О脚の患者さんはの角度が外向きになっている為

外側に体重が掛かり、靴底の外側が削れやすくなります。

逆にX脚の方はの角度が内側に向いている為に体重が

内側に掛かり、靴底の内側が削れやすくなってしまうのです。

 SRO2130-IRASUTO.jpg

上の写真のような靴を履き続けてしまうと、О脚やX脚

影響を受け、膝の痛みが更に出やすくなってしまいます。
 
川井筋系帯療法では、膝の施術と同時に骨盤や股関節の角度、
 
特に、頸体角や前捻角の角度を整えてゆきます。

 keitaikaku1.gif

 zennenkaku1.gif
頸体角とは大腿骨頸部と大腿骨幹部との角度をいい、成人では
約125度~135度位で、前捻角は約12度~15度前方に捻じれています。


   ブログ・046_convert_20100330225700
  (股関節から膝関節まで整えてゆきます!)


あなたの靴底の減り具合はどうでしょうか?

靴が片減りする方は、お近くの川井筋系帯療法にご相談ください!
 
 
*ただの整体やカイロならこれほど感動はしなかった!

病院でよくならなかった頭痛・肩こり・腰痛・膝痛・慢性疲労など専門
海外でも認められた35年の実績ある川井筋系帯療法治療センター

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/

東京(渋谷) 横浜 船橋 大宮 名古屋
骨盤ゆらゆら整体®


関連記事

この記事と関連する記事

膝の痛み 靴底の減り方

(0)TB(0)

AFTER「病院で良くならなかった人の為の整体院!

BEFORE「ゆがみと痛みを解消!骨盤ゆらゆら体操【1日講座】(7/2)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top