病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2015 03/14

実はストレッチが筋肉を傷める??

実はストレッチが筋肉を傷める?!

 ストレッチ1

先日、2月18日放送の「ためしてガッテン」で最新の研究から

ストレッチはケガの予防にはならず、しかも 

ストレッチによって筋力が低下する場合がある

という内容の放送をしていました。

(参考)ためしてガッテンHP 

一般的な筋肉を伸ばすストレッチは、筋肉の柔軟性
(関節の可動域)を高めることでパフォーマンスまで
向上させると一般的に認識されています。

 o0600040020130521pms_01-thumb-600x400-58902.jpg

しかし、実際は、ストレッチをすると、
縮んで固くなった筋肉を無理に引っ張って、筋繊維を傷つけてしまったり、
筋肉がうまく弛まず、筋肉の先に付着する靭帯や関節を伸ばしてしまったたり、
逆に筋肉が過度に伸びてしまったりして、

ストレッチ前よりも筋肉が適切に伸び縮みしにくくなってしまうことがあります。


そのため、運動能力が低下したり、筋肉の防衛本能として
力を入れないといけない状況でもあまり力が入らなくなるので
腰痛や捻挫などを招きやすくなってしまうのです。

危険!無理なストレッチ、ヨガにより起こる症状や影響が残る方増えてます!

   
大切なのは、固くなった筋肉を無理に引っ張って伸ばす(ストレッチ)ではなく、
固くなった筋肉、特に体を支える深層筋を、無理なく、弛むようにしていくことですよね!

        
    横浜センター 看板 ゆらゆら
     (骨盤・股関節を中心とした全身施術風景)

当院で行う施術の『骨盤ゆらゆら整体®』は、

骨盤や股関節を中心として周囲の腸腰筋、腰方形筋や脊柱起立筋など
の筋肉を少しずつ動かし、指圧では届きにくい深層部の筋肉の緊張を
解き柔軟を高めます。

これにより、身体を支えている奥の筋肉(インナーマッスル)が整い
本来人間があるべき正しい骨格形態へと戻ってくことで
結果的に腰痛や捻挫など起きにくい身体へと変わるのです!

  ブログ・027_convert_20090802222310
  (骨盤の角度や股関節の位置を整える『膝抱え』施術)

腰周りの筋肉の緊張が緩んだところで、お尻の下にマットを入れ
膝を抱えて5分ほど腰を丸めてゆき、腰椎のつまりを開放します。
そして、マットをはずした後は仰向けで20分ほど休憩します。
この時点でほとんどの方が深い眠りに入ってしまいます。

ただの整体やカイロなら、これほど感動はしなかった!患者さんの感想はコチラ!


*ただの整体やカイロならこれほど感動はしなかった!

病院でよくならなかった頭痛・肩こり・腰痛・膝痛・慢性疲労など専門
海外でも認められた35年の実績ある川井筋系帯療法治療センター

http://www.kawaikinkeitai.co.jp/

東京(渋谷) 横浜 船橋 大宮 名古屋
骨盤ゆらゆら整体
 

関連記事

この記事と関連する記事

実はストレッチが筋肉を傷める??

(0)TB(0)

AFTER「繰り返すぎっくり腰!

BEFORE「腰部脊柱管狭窄症とゴルフの関係

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top