病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2013 07/24

朝起きても首・肩こり、眠れない人

朝起きても首・肩がこっている。

首・肩こりで眠らない
(不眠)



などの首・肩こりによる睡眠障害や慢性疲労を訴える方が、
デスクワーク中心のお仕事の方、主婦の方など非常に多いです。

ブログa0002_002600_convert_20110304005653


首・肩こりが酷いとなぜ眠らないのでしょう
体が疲れているのに眠れない?

これらは症状は、

姿勢と大きく関わりがあります。



背骨の両側には、睡眠や体調をコントロールする。
自律神経が通っています。


特に頚部から肩甲骨周囲の筋肉の過剰な緊張が
背骨の配列を悪くし、自然に戻ることが出来なくなり。
並走する自律神経が周りに筋肉などにより圧迫など受けるために、

体の歪みが大きくなると自律神経のバランスも崩れてきます。(詳しくは)

バランスが崩れると、睡眠に入るのに時間がかることや
睡眠の質があまりよくないため、夜中に何度か眼が覚めてしまいます。

そのために、睡眠時に体が休息されないために、
朝起きても首・肩がこってしまっています


では、首・肩こりを酷くしてしまうのはなぜでしょうか?

一番の基本はもともと、

姿勢の問題が根本にあります。


デスクワーク1小2


*同じ作業などして、首・肩がこってしまう方と
何も問題が起こらない方がいるのは、
もともの姿勢の差があるためです



そして、姿勢の悪い身体に、


生活の中で長時間、

首や肩に負担のかかる姿勢をする!


これが問題をさらに悪化させます。


最近では、

長時間にデスクワークより、猫背になる(IT猫背)

ブログ0002_002256_convert_20110301001000


・特にノート型PCの使用や
・モニターが正面にない
・書類の入力時に書類が手元にある
・マウスを多く使う(マウス肩・マウス肘)

また、若い女性に多いのは、

ブログa0001_012500_convert_20110304005244


・スマートフォンを長時間使う人
(スマホ首・スマホ症候群など詳しくをクリック)

(ベットに入って迄使用してしまうようなヘビーユーザーは、
 首肩の負担以外にも、交感神経が高ぶり良い睡眠がとれません。
 そのために朝起きても首肩こりが続く人もいますので、要注意です)



川井筋系帯療法では


IT猫背、スマホ首などをによる
首・肩こりを専門とした治療院です



基本的な体の歪みを改善して、
首肩に負担をかからないような、
生活のアドバスなども行なっています。

朝起きても首・肩がこっている方、

首・肩こりで眠れないと悩んでいる方

各センターにご相談ください



首・肩こり、頭痛、慢性疲労などで悩む

ビジネスマン必見!


パソコン&スマホで「うつ」る前に、

正しい予防の方法教えます!


DCIM07292_convert_20131120152821.jpg

全国有名書店にて 12月3日発売!


関連記事

この記事と関連する記事

朝起きても首・肩こり、眠れない人

スレッドテーマ : 頭痛・首の痛み・肩こりを解消! ジャンル : 心と身体

(0)TB(0)

AFTER「アトピー性皮膚炎

BEFORE「反り腰 腰痛 パート2

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top