病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2012 06/05

閉塞性動脈硬化症による足の痛み・しびれ

先日、朝の情報番組「モーニングバード」の中で、

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)

について取り上げられていました。
 
 
一般的にあまり馴染みのない名前ですが、この病気は、

手や足・お腹の血管内側の壁にコレステロールが

付着し、血管が硬くなり、内腔が狭くなる病気です。

主に中年以降の男性に多いのが特徴です。



   untitled.jpg
   (閉塞性動脈硬化症)


この、閉塞性動脈硬化症の主な原因としては、

・喫煙 ・高血圧、高脂血症 ・肥満 ・糖尿病 ・高尿酸血症
 
などの生活習慣病が挙げられます。


また、症状に関しては

 ・第1度 しびれ、冷え

 ・第2度 間欠性は行
 
 ・第3度 安静時疼痛

 ・第4度 潰傷、壊死

の四段階に分類されます。
 
 
現在の医学界においての治療法としては、まず喫煙者は必ず

禁煙すること(生活習慣を改める)、薬物療法(血管拡張剤、

抗血小板剤など)、運動療法などがあり、

手術も病状によっては多くの方法があります。
 

また、主因であるコレステロールの付着や、血管の硬化による血流の悪さは、

骨格形態の歪みによっても悪化していきます。
 

骨盤の傾斜や関節角度の不良が起こると、

骨格を支えている筋肉が過剰に緊張して硬くなり

筋肉の間を通っている動脈を圧迫してしまいます。


そのため、動脈の内腔が狭くなり、コレステロールが付着しやすくなり、

さらに血液の流れが滞りやすくなってしまうのです。
 

そうです!!!

骨格形態の歪みは、閉塞性動脈硬化症

症状を悪化させる一因なのです!!



薬理療法、運動療法と合わせて、身体の歪み・・・つまり骨格形態を整える

ことは、閉塞性動脈硬化症においても非常に有効な手段といえます。



20110306090534d5a_20120605231354.jpg


川井筋系帯療法では、骨盤を中心に身体の歪み

整えてゆくことにより、関節角度の悪さ、

筋肉の緊張をゆるめ硬くなった動脈の圧迫を減らし

血流の改善を促します!!

また、骨格形態が整ってくると、臓器への圧迫も

少なくなるので内臓機能の向上にもつながります!!



施術は、やさしくソフトなので、どなたでも安心して受けられますよ!

閉塞性動脈硬化症 でお悩みの方は、

ぜひお近くの治療センターまでご相談ください!!
 

*ただの整体やカイロならこれほど感動はしなかった!

病院でよくならなかった頭痛・肩こり・腰痛・膝痛・慢性疲労など専門

海外でも認められた35年の実績ある川井筋系帯療法治療センター

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)



関連記事

この記事と関連する記事

閉塞性動脈硬化症による足の痛み・しびれ

スレッドテーマ : 肩こり・腰痛など・・ ジャンル : ヘルス・ダイエット

(0)TB(0)

AFTER「頸腕症候群と腰痛の女性

BEFORE「四十肩、五十肩の原因と治療

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top