病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2011 12/01

アトピー性皮膚炎の青年 その2

アトピー性皮膚炎の青年 その1」の続きです。


話の流れで先にステロイド剤のお話をしましたが、

肝心の骨格を確認することを怠ってはいけません。


彼の場合、立位で後姿を見てみると、

やはり骨盤は右に上り、肩は右が下がっています。

「やはり」と書いたのは、こちらに来られるアトピー性皮膚炎の患者の

95%がこの様な身体の歪み方をしていて、歪みが少なくなるに従い

皮膚状態も改善していく傾向があるからなのです。



この身体の歪みが及ぼす影響を研究しても大変有意義だと思いますが、

察するに内臓の機能低下や神経圧迫及び血行不良しいては

精神状態にまで影響を及ぼすことは容易に考えられます。


そして、それらの不調の結果が皮膚に現れているのであって

身体が正常に機能するようになれば皮膚も良くなっていくのは

当然といえるでしょう。



施術はいつもの様に股関節角度、骨盤、脊柱の配列を整えていくのですが

腰痛などの痛みとは違い、すぐに皮膚状態が改善される訳ではありませんし

日常生活の癖で整えた身体のバランスを崩しやすい為

定期的に整えていく必要があります。



治療期間は、人それぞれ千差万別ですがステロイド剤のリバウンドが無ければ

1ヶ月~2ヶ月ぐらいから皮膚状態に改善傾向が見られるのが普通です。


続く。。。。





川井筋系帯療法ホームページ

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)



*ただの整体やカイロならこれほど感動はしなかった!!

*子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!
30年の実績ある骨盤ゆらゆら整体:川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/



関連記事

この記事と関連する記事

アトピー性皮膚炎の青年 その2

スレッドテーマ : アトピー性皮膚炎 ジャンル : 心と身体

(0)TB(0)

AFTER「整体で顎・のどのたるみが消えた!

BEFORE「足の長さが違う?!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top