病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2012 05/15

反り腰 (腰部前湾過大)による腰痛

反り腰による腰痛 とは??

みなさん、『反り腰(そりごし)』って聞いたことありますか??


1.立ち仕事や電車ホームで立っているとき、本屋さんでの立ち読みなど、
  少し長い時間、立っているとウエストラインの腰が重くなったり、
  腰の深部に鈍い痛み慢性的に感じる。


2.腰に何らかの異常を感じた段階で、その場にしゃがみ込んだり、
  椅子に座れば症状が軽減するが、立ち上がるとすぐにまたぶり返す。

3.また、仰向けに寝始めしばらく腰にジワリとした痛み、
  仰向けの際は膝を立てて寝るほうが楽など、

これらの症状を感じられる方の多くに該当するのが、

 反り腰』による腰痛です。

少し難しく言うと、

『腰椎前湾過大症』(ようついぜんわんかだいしょう) です。  


zenwan.jpg


人間の脊柱(背骨の配列)は横から見たときに生理的前湾という湾曲があります。

腰の部分の配列は、前側に湾曲(反り返る)状態で姿勢を維持します。

一般的に腰椎の関節刻面(腰椎と腰椎の接地面)の角度が35度以内ならば、
正常な前湾の範囲であるといえます。

しかし、その角度が40度近く(反り腰)になると、

ブログ1逕サ蜒柔convert_20120512015337

 
腰椎の4番と5番の間、又は5番と仙骨の間に過重な負荷が加わるため、

脊柱の後縦靭帯が引っ張られて神経の圧迫が生じ、腰痛へとつながります。

症状がひどい場合は、

前縦靭帯も前に引っ張られる為に、なかには腹部の両側に刺すような痛みを
感じる人もいます。



反り腰』による腰痛を予防、改善するためには、

腰椎を支えている土台、すなわち、

骨盤の前方傾斜の角度を緩めることが必要です



骨盤を前方傾斜させてしまう原因は、

腸腰筋(大・小腰筋と腸骨筋の3つの筋肉の総称)の緊張短縮により
骨盤が前方に引っ張られてしまうために土台の骨盤が傾きます。

その腸腰筋の緊張を緩める為に非常に有効なのが、

『骨盤ゆらゆら体操・整体』です。 


『骨盤ゆらゆら体操・整体』とは、

川井筋系帯療法の一部施術を簡略化した体操・整体です。

人体で一番太い大腿直筋は膝下から骨盤の腸骨上部についています。
さらに腸骨上部からそれぞれ腰椎についている腸腰筋があります。

そこで大腿直筋などの操作により、腸腰筋の緊張を緩めることができます。

ブログ逕サ蜒・224_convert_20120512015524


「ゆらゆら」と膝を胸に近づけることにより、

脊柱の左右にある脊柱起立筋と腰椎を伸ばしやわらかくし、

腰部周辺の筋肉、靭帯へ負担を軽減しています。


 http://blog-imgs-44.fc2.com/k/a/w/kawaikinkeitai/kotsubanyurasi001s.jpg" alt="kotsubanyurasi001s.jpg" border="0" width="300" height="392" />">kotsubanyurasi001s.jpg

全国有名書店にて発売中!!

これにより『反り腰』による腰痛原因、

骨盤と腰椎の角度とその配列の調整してお悩みの腰痛を解消します!



『反り腰』による腰痛や姿勢性の腰痛にお悩みの方は、

お近くの川井筋系帯療法各治療センターにご相談ください!


反り腰による腰痛がさらに進行すると・・・

 『反り腰による腰痛パート2』 

こちらをご覧ください!!


*ただの整体やカイロならこれほど感動はしなかった!

病院でよくならなかった頭痛・肩こり・腰痛・膝痛・慢性疲労など専門

海外でも認められた35年の実績ある川井筋系帯療法治療センター

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)


*腰が楽!当院監修

腰痛 背筋がGUUUN!美姿勢座椅子

 かなり売れています!


関連記事

この記事と関連する記事

反り腰 (腰部前湾過大)による腰痛

スレッドテーマ : 肩こり・腰痛など・・ ジャンル : ヘルス・ダイエット

(0)TB(0)

AFTER「四十肩、五十肩の原因と治療

BEFORE「風輝 駿さん(タカラジェンヌ)応援お願いします!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top