病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2011 10/05

アトピー性皮膚炎の青年 その1

今回の患者は、アトピー性皮膚炎の青年です。

大学生の彼は、幼い時からアトピー性皮膚炎を

わずらっており、来院当初の皮膚の様子は

顔、頚部、胸部、背部、肘、手首、膝、足首が

炎症をおこし赤みをおびています。

とても強いかゆみがあるため、かき傷もたくさんあります。

また、手足の皮膚がひじょうに分厚くなっています。

これは皮膚の改善するスピードがかなり遅いことを意味しています。

そして、子供の頃からステロイド外用剤を塗布し続けてきたのです。



ステロイド外用剤は炎症を抑える働きがありますが、

本来は副腎で作られるホルモンを人工的に作った化学化合物で

これを塗布し続けると徐々に自分の副腎皮質ホルモンを分泌しなくなり

ステロイド外用剤もそのたびに強いものとなり

最後には皮膚の炎症を抑える効果がなくなってしまいます。



また、ステロイド外用剤には免疫機能を抑制する働きもあり

本治療目的である自己の自然治癒力を高揚させ身体の機能を

活性化し、皮膚状態を正常な状態していくことと相反することに

なりますので出来るだけ早期にやめていくことが望ましいのです。



ただし、前記の様に副腎の働きが抑制されている状態で

突然やめてしまうと俗に言うリバウンド状態がひどくなりやすいので

その方の薬の使用量、使用期間及び環境や精神状態などを

考慮して薬のやめかたを指導することになります。



この青年の場合は、ステロイド剤を長期間使用していましたが

学生であり、また精神状態が安定しているので多少の辛さは

乗り越えられると見込み、本人の希望もあり

一気に薬の使用を中止することにしました。


続く。。。。




川井筋系帯療法ホームページ

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)



*ただの整体やカイロならこれほど感動はしなかった!!

*子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!
30年の実績ある骨盤ゆらゆら整体:川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


関連記事

この記事と関連する記事

アトピー性皮膚炎の青年 その1

スレッドテーマ : アトピー性皮膚炎 ジャンル : 心と身体

(0)TB(0)

AFTER「O脚から膝痛へ

BEFORE「膝の痛みで悩む60代、70代

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top