病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2011 05/27

五十肩の男性

55歳前後の男性です。

両肩の痛みで来院されました。

整形外科では肩関節に石灰が溜まっているためと説明を

受けているそうです。

image.jpg

片腕づつ肘を伸ばしたままで挙上してもらったところ

右肩のほうが少しよいのですが両肩とも肩より少し上がった

ところで痛みを訴えそれ以上挙げることができません。


あお向けになってもらい身体の様子を分析していると

右の股関節の可動域が狭くなっていることに気が付きました。

痛みはないようですがこの状態ですと骨盤が望ましい位置にいれず

上半身に影響がでても不思議ではありません。


この男性の場合も背中の筋肉の緊張が肩甲骨の動きを

制限するほど強くなり肩が上がらなくなったのです。


痛みの為肩を動かさなければ関節液は活性化されず

にごってきたりもするでしょうがその為に肩が痛むのでは

ありません。


施術はいつものようにまず骨盤を中心に身体を整えた後

肩甲骨の角度を整えていきました。


初回の治療が終わった後に再び腕を挙上してもらったところ

最初の時よりも高く上げることができ、以降も順調に回復し

10回目程では、何の些細な痛みもなく自由に肩が動かせるように

なりました。

そして再び整形外科で診察してもらったところ

肩関節の石灰は減少していると言われたそうです。
関連記事

この記事と関連する記事

五十肩の男性

(0)TB(0)

AFTER「ツライ!足の痛み・痺れ どこに行けば??

BEFORE「アトピー性皮膚炎の4歳の女の子

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top