病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2011 03/04

『首うつ』(頚筋性うつ)急増中! 要注意です!!

みなさん 『首うつ』(くびうつ)というのを知っていますか?


この『首うつ』と思われる方が、

最近非常に急増しているます。
 


ブログa0002_002679_convert_20110301000230


『首うつ』の方に多いのは、

パソコンなどによる

長時間のデスクワークを

仕事にされる方の多いです。

(パソコン作業姿勢が猫背みぎの方が

要注意です


・・・これを『IT猫背』といいます!!)

ブログeyes09091_convert_20110301001149


○通称『首うつ』というのは、

『頚筋性うつ』
けいきんせいうつ)

『頚性神経性筋症候群』
けいせいしんけいせいしょうこうぐん)

といわれるものです。


『頚筋性うつ』とは、脳神経外科医で東京脳神経センター理事長
松井孝嘉医学博士が提唱している症候概念です。
(2009年7月日本うつ病学会で新型うつについて発表)

首の筋肉の異常から自律神経失調などを起こす疾患を
頚性神経筋症候群(頚筋症候群)といい、

その三大症状として、

・頭痛、
・めまい、ふらつき
・自律神経失調症
(吐き気、息苦しさ、動悸、ほてりなど)

があります。

そのほかに
・不眠
・首、肩コリや背部、腰部など全身強いコリ
(慢性疲労症候群)
・手足のシビレ、冷感
・耳なり、難聴(耳閉塞感)など

この頚性神経筋症候群(頚筋症候群)が原因で起こるうつ症状が、
「頚筋性うつ」と呼ばれるものです。(略、首うつ

従来型の真性・定型「うつ病」が原因不明の精神疾患
(内因性・脳や心の病気)であるのとは異なり、

身体的原因のある

「うつ症状」です



最近急増している非定型・新型うつと呼ばれる「うつ症状」の多くは
「頚筋性うつ」、すなわち、首の筋肉の異常が影響して起こる
と考えられるということです。


○首の負担の原因とは

頭部だけ5kg~7kgあるといわれています。
それを細い首で支えています。

通常、頚椎の配列が反り返ることにより、
頭部の重さによる負担をうまく体幹に、
逃がし負担のかからない様になっています。

首には、筋肉と血管が複雑に入り組み、
そこを脳に栄養や酸素を送る太い血管が通ります。

特に首の後ろの筋肉のすき間には、
頭痛を起こす大後頭神経も通っています。

PIC00020_convert_20100728174537.jpg


しかし、頭部を前傾させることにより、
首には約3倍の負担がかかります。

その姿勢を1日何時間もほぼ毎日
つづけることにより

首の周辺の筋肉が拘縮(持続的に緊張すること)
が起こってしまいます。

デスクワーク1小2


首の周囲の血管、神経、が常に筋肉の緊張により
圧迫をうけることで、


脳に行く、栄養と酸素を多く含んだ新鮮な血液が、
行きにくくなったり、また、脳で使った古い血液が
体に戻りにくくなるほか、

神経圧迫により頭痛や自律神経の失調を生じさせます
。 

ブログa0001_012500_convert_20110304005244
(長時間の携帯電話の操作も『首うつ』には要注意です!!)

○従来型の『うつ病』との違いは、

真性「うつ病」はあらゆることにネガティブで、
「自分はこの世の中にいるべきではない」と自己否定的

「首うつ」の場合は、自殺願望が比較的少なく、
 あっても、意味もなく「死にたい」とは思わない。

「首うつ」の方は、仕事中などに症状発生が多く、
仕事以外は楽しくすごせる時間、意欲もある。


また従来型の真性「うつ病」に対しては、

心理カウンセリングのほか精神安定剤や抗うつ剤など
薬物療法が行われ一定の効果をあげていますが、

「首うつ」の場合、カウンセリングや薬剤を飲んでも、

 身体的原因である首の筋肉の過剰な緊張がそのままであれば、
十分な症状改善ができないのです! 




○川井筋系帯療法では

頭痛、首肩こりを訴える患者さんで
「うつ症状」に悩む方もよくみられます。

まずは、『モアレ写真』により、
全身的に筋肉の緊張状態、骨格歪みなどの検査をします。

ブログ09636_convert_20110303072453
    (「首うつ」で悩む24歳会社員)

「首うつ」の多く方に診られる身体的特徴がいくつかあります。

ストレートネック(本来は頚椎は反りえっています)

・猫背姿勢(年齢に関係なく背中が丸くなる)

・首から肩甲骨にかかけての筋肉の異常緊張

・場合より体ねじれを伴うケースも多い
(モニターの位置が斜めや片手でマウス操作するため)

その他に骨盤の傾斜をともなうために、
姿勢を維持するため、全身的な筋肉の過緊張状態
になっている方が非常に多いです。

症状改善に必要なのは、頚部のみ施術ではダメです。

必要なの頚部の施術を含む全身的に施術が必要不可欠になります。 

ブログ・125_convert_20110302004524

ブログ・140_convert_20110302004323


川井筋系帯療法の施術は手技により、全身の筋肉を操作し過緊張を緩めていきます。

とても、ソフトな施術なため小さなお子様からお年めされた方まで
安全に施術を受けられます。
 

不眠で悩まされていた方も、
「ここではぐっすり眠れるのが不思議」
という方が多いです。

(これは、余計な緊張が緩むため、
自律神経が安定し、短い時間で深い眠りに入ります)

そして川井筋系帯療法には、
独自に開発した、「首うつ」「IT猫背」改善に
非常に効果の高い


『チェア・マシーン』さらに使用することにより、

ブログ・185_convert_20091112225549

より胸部から頚部の脊柱の配列を整えることができ、
首から肩甲骨周辺の筋肉にかかる負担と緊張を取り除くことができます。

姿勢が整い、首、肩の負担がなくなると、

血液循環の改善により、酸素と栄養を運ぶ新鮮な血液が脳に行き、
脳で使用した古い血液がからだにもどりやすくなります。

また、神経が解放されるため、自律神経の安定、睡眠の安定、
頭痛が起こらなくなり、思考の健全化に向かいます



「首うつ」でお悩みのみなさんは、


初回時は、下向きで表情が少なかった方、
目がうつろな方などが多く、
会話の内容、声のトーン、などの反応、
非常にネガティブなのですが、

ブログa0002_002600_convert_20110304005653


施術の回数を重ねることにより、
だんだん、顔の表情がでてき、
目線が生き返り、会話、思考とも
明るくなっていきます。

ブログa0001_009255_convert_20110304005819


「首うつ」と思われる方へ、

みなさんの体は決して、「なまけ」や「病気」や「体の異常」ではありません。
ただ、「少し体への負担がかかりすぎているのです。」

その負担をうまく逃がせる体にしてあげればいいだけです。


『治療』という思い気持ちではなく、

『自分の体を休めにくる』くらいの気軽な気持ちで、
通院されてかまいません。

非常につらい思いをされ苦しんでいると思いますが、
あまり、重い悩まずご連絡ください



《余談ですが》

プロゴルファーの石川亮選手が、

日本テレビ『ズームイン・SUPER』
羽鳥アナウンサーのインタビューのなかに、

『自分は姿勢をとても大事にしています。
姿勢が変われば、考え方が変わります。』


とのコメント

我々の考えもまさに!!そのとうりです!!


*身体不調の原因となる「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・など専門
海外でも認められた,30年の実績ある川井筋系帯療法 治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/

東京(渋谷)  横 浜  船 橋  さいたま新都心  名古屋

==============================

首・肩こり、頭痛、慢性疲労などで悩む

ビジネスマン必見!


パソコン&スマホで「うつ」る前に、

正しい予防の方法教えます!


スマホ依存症・スマホ症候群・スマホうつ

全国有名書店にて 12月3日発売!

==============================

関連記事

この記事と関連する記事

『首うつ』(頚筋性うつ)急増中! 要注意です!!

スレッドテーマ : 心と身体のケアを大切に! ジャンル : 心と身体

(0)TB(0)

AFTER「仙腸関節が痛む女性

BEFORE「ついでに骨盤ダイエットも

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top