病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2010 12/05

天気の変化と頭痛

この間朝から大雨が降ったかと思えば昼間は夏日みたく気温が上昇し、

夜は冷たい強風が吹いたりと、散々な日がありましたね。。。


そういった天候の変化、高気圧や低気圧が入れ替わったりと
気圧の変化が激しく、体調を崩す人が最近増えてきています。


天気が悪くなると、拍動性(脈を打つような)や反復性の慢性的な頭痛や、
頭痛発作時に顔の紅潮、目の充血があったりしませんか?


imagephoto33.jpg


低気圧が近づくと大気中の酸素の濃度は薄くなります。

普段、人の身体は無意識のうちに周りの変化に順応しようと
いろいろな反応をしています。


濃度の薄い酸素を血管を拡張させてもっと酸素を吸収しようとしますが
血管が収縮している時と拡張している時の落差が大きいため、

拡張した血管が頭を圧迫し、頭痛を引き起こしてしまうのです!!!


頭痛が起こる原因はほかにもあり、ストレスや疲労、寝不足等があります。

また、血管が収縮したり拡張したりなど自律神経のコントロールがうまくいかない
(自律神経失調症)場合の症状として悪心、嘔吐、肩こり等があげられます。

これらを片頭痛型血管性頭痛といいます。



頭痛を抱えてくる患者さんに共通してみられるのが、

やはり、身体のゆがみ!!!



自律神経失調症の方の多くの場合、

骨盤のねじれや傾きがあり、さらに頭部の傾きがあるのが特徴です!



特に身体の歪みが強い人は

普段から筋緊張が強く血管は圧迫され収縮した状態が続きます。

血管の収縮や拡張は、自律神経の働きによるものなので、

筋緊張によって自律神経の働きがバランスを崩し、

前述の様に血管が過剰反応を起こし血管の収縮、拡張の落差を大きくさせ、

片頭痛型血管性頭痛を引き起こし易すくしているのです!!!


もし、心辺りが少しでもあるなと思ったら、ひどくなる前に

お近くの川井筋系帯療法治療センターにお気軽にご相談下さい。


船橋駅徒歩6分!

信頼と実績ある船橋治療センター




*頭痛・首肩こり・慢性疲労を解消!


身体不調の原因となる「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・など専門
海外でも認められた,30年の実績ある川井筋系帯療法 治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/


関連記事

この記事と関連する記事

天気の変化と頭痛

スレッドテーマ : 身体の悩み ジャンル : ヘルス・ダイエット

(0)TB(0)

AFTER「足先、土踏まず、くるぶしまで冷える!「冷え性」 

BEFORE「アトピー性皮膚炎の遺伝性

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top