病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2010 10/26

不眠・・・?眠りが浅い・・・?自律神経・・・???


暑い夏が終わったと思ったら、朝晩冷える日が続きますね!

肩や足を布団から出して寝てしまうと、身体の芯から冷えていきます。

そうすると筋肉は冷え固まり、緊張してしまいます。


そして筋肉が緊張することにより、自律神経(交感神経(活発)と副交感神経(沈静))の
メカニズムが乱れ日常生活に影響を及ぼす可能性がでてきます!!!!。


上記の二つの神経は拮抗しており、一方が優位になるともう一方が劣位になります。

交感神経が優位な時は筋肉が緊張し易い状態で、

副交感神経が優位なときは弛緩し易い状態です!!

逆に、緊張状態が続くと交感神経(活発)が優位になりやすいわけです。


頚や頭の筋肉の緊張が続くと

就寝時でも脳が休む事ができずに身体は興奮状態に陥り、
寝付きが悪かったり眠りが浅くなったり、と寝不足の原因に。。。

さらに、血管は収縮し血流が悪くなり普段頭がボーっとしたり、
頭痛やかすみ目、めまい
等を引き起こす原因に成り得るのです!!!

katakori1.jpg



また、頚・肩の緊張は骨盤の歪みからも大いに関係があります!!


「骨盤」という土台に歪みが生じると、

その上に乗っている脊柱も歪ませ背中を丸くし、肩や頭を前に突き出した状態、
つまり猫背になり易いのです!

猫背姿勢では、僧帽筋や胸鎖乳突筋など頭や頚を支える様々な筋肉が
無意識に常に緊張し続け、そこへ身体を冷やしてしまうと

元から固くなり易くなっていた筋肉は、さらに緊張を強くしてしまいます。


こうした筋肉の過緊張、歪んだ脊柱等が、神経や血管の圧迫を引き起こし、
痛みや痺れ、自律神経の乱れ、各部位の機能低下などに繋がります。



川井筋系帯療法治療センターでは

頚・肩の緊張を取り、歪んだ骨盤を整えると同時に、

自律神経の乱れを整えて不眠解消、

そしてこれから来る寒い冬に負けない健康な身体作りをお手伝いしています!!


船橋駅徒歩6分!

信頼と実績ある船橋治療センター




関連記事

この記事と関連する記事

不眠・・・?眠りが浅い・・・?自律神経・・・???

スレッドテーマ : 睡眠障害 ジャンル : 心と身体

(0)TB(0)

AFTER「アトピー性皮膚炎完治!涙が出るほどうれしかった!!

BEFORE「四十肩・五十肩は肩関節の疾患が原因

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top