病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2010 07/07

腰椎椎間板ヘルニアと下肢の痛み

こんにちは、横浜センターです。

この男性は腰椎椎間板ヘルニアと病院で診断され、手術をするか
迷っていたところ知人の紹介で来院しました。

ヘルニア

来院された時には立っている時も、座っている時も右側の腰と
右下肢外側に痛みがあり、夜も痛みで熟睡する事が出来ませんでした。

「モアレー写真」で体の状態を詳しく分析してみると、
右の骨盤が上がっているのが分かります。

そして痛みのために真直ぐ立つ事が出来ず、体を左側に傾けて
痛みから逃れる様にしています。

次に患者さんに仰向けになってもらい、痛みの出る場所を確認してみると、
腰椎の4番と5番の間に激痛があり、足を伸ばすのもつらい状態でした。


初回の施術後には足を伸ばす事ができ、ズボンを履いたりする動作が
楽に出来るようになりました。

その後、週に2回のペースで通院し、今ではあれだけあった痛みも無くなり、
ゴルフなどのスポーツを楽しんでいるようです。

ヘルニア2

この様に手術をすることなく改善する症例も沢山ありますが、
どうしても手術を急ぐ必要のあるケースもあります。

それは、重症の馬尾神経障害がある場合で、
かなり大きなヘルニアが膀胱の機能を支配する馬尾神経を圧迫して、
排尿や排便が出来なくなっている場合などです。


現在ヘルニアで手術を検討している方も、そのような緊急的症状ではない
という方は、一度来院されてはいかがでしょうか。



*腰が楽!当院監修

腰痛 背筋がGUUUN!美姿勢座椅子

 かなり売れています!


関連記事

この記事と関連する記事

腰椎椎間板ヘルニアと下肢の痛み

スレッドテーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

(0)TB(0)

AFTER「夏バテ?慢性疲労??

BEFORE「ベビーアトピー改善インストラクター認定

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top