病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2010 06/16

自律神経失調による不定愁訴の原因も首にあり!

みなさんは「不定愁訴」という言葉を

ご存知ですか?



不定愁訴とは、

「明白な器質的疾患が見られないのに、さまざまな自覚症状を訴える状態」(広辞苑)です

よくあるのが、体の生理的機能をコントロールしている自律神経の働きに不調が起こる
(自律神経失調)症状ですね。


では、この自律神経失調の不定愁訴いったいどのようなものがあるのでしょうか・・・?

胸部痛と胸心悸亢進/血圧不安定/体温調節障害/微熱/胃腸障害/ドライアイ/

全身倦怠/吐き気/発汗異常/視力障害/瞳孔拡大/症状の天候依存/冷えのぼせ/

胸部圧迫感/眠れない/.....


これらはすべて自律神経失調による不定愁訴といわれるものです

40daijapan.jpg


そして、このような自律神経失調による不定愁訴の原因として、
首の筋肉の異常緊張が指摘されています。


交通事故などによるムチウチ<などの外傷や仕事や日常生活の筋肉疲労などにより

首の筋肉の異常緊張がおこります。

そして、首の筋肉の異常により起こる三大症状として、
頭痛/めまい/自律神経失調が起こってきます。


このような身体症状が長期間続くと二次症状として

パニック障害や慢性疲労症候群、そして「頚筋性うつ」状態などが
でてくるわけです。


実際にも「うつ症状」を訴えている人に、首こり・肩こりのある人が多い<
のをご存知ですか??


この不定愁訴から発症したうつ症状が精神科や心療内科で
抗うつ薬やカウンセリングで治療してもよくならないのは、

それが精神疾患ではなく、首の筋肉の異常緊張による「新型うつ」である
「頚筋性うつ」だからなのです!!



みなさんは当てはまるものありませんか・・・?

①過去に交通事故で頭頚部ムチウチをしたことがある

②お仕事や学校が終わると本をよんだりゲームをしたり目をよくつかう

③携帯電話・スマホでのメールやネットをよくする

④一日中パソコンを使ってのお仕事

⑤ストレスを感じやすい・溜めやすい

上記に当てはまり、

頭痛/めまい/自律神経失調の不定愁訴による身体症状がある、

病院へ行っている方・病院ではよくならないという方、

頚筋の異常が原因かもしれません


ぜひ一度

川井筋系帯療法治療センターにご相談ください

==============================
首・肩こり、頭痛、慢性疲労などで悩む

ビジネスマン必見!


パソコン&スマホで「うつ」る前に、

正しい予防の方法教えます!


DCIM07292_convert_20131120152821.jpg

全国有名書店にて 12月2日発売!

==============================


関連記事

この記事と関連する記事

自律神経失調による不定愁訴の原因も首にあり!

スレッドテーマ : 心と身体のケアを大切に! ジャンル : 心と身体

(0)TB(2)

AFTER「首肩こりと自律神経(副交感神経)

BEFORE「「骨盤のゆがみ」が生理痛・生理不順、下腹部痛を起こす!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)

Top