病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2010 05/06

うつ症状治療は、まず頚性神経筋症候群の治療から

最近は、慢性疲労やうつ症状で悩んでいる方が多いですね。

当治療センターでも頭痛、首こり、肩こりを訴える患者さんで
「うつ症状」に悩む方もよくみられます。


現在、日本のうつ病治療の多くは薬物治療中心ですが、

先日、読売新聞が全国の精神科診療所に行なったアンケート調査では、
「薬物偏重の傾向がある」と7割以上の精神科医が懸念を示したそうです。

一般的に、うつ病は「心の病」「精神的ストレスが原因」として
精神科や心療内科が守備範囲と考えられていますが、
実は他にも大きな要因があります。

それは様々な痛みや症状の根本原因となる身体のゆがみ」による影響です。

ある製薬会社の調査でも、うつ病患者の59.9%が「痛みあり」、痛みなし」は40.1%
という結果が出ています。

そして「痛みあり」と答えた人のうち
「身体的な痛みで最もひどくわずらわしかった症状」は、

1位.「頭痛」が33.7%で最も多く、

2位.「身体全体の漠然とした痛み」25.8%

3位.「背中の痛み」24.7%

4位.「胃腸などの消化器系の痛み」15.7%

の順となっています。


実は、「頭痛」「身体全体の漠然とした痛み」「背中の痛み」「胃腸などの
消化器系の痛み」が起こりやすい共通した身体状態があります。

それは最近急増している猫背を主体とした「身体のゆがみ」なんです。


これらの痛みや症状は、うつ病による痛み・症状というよりも、

猫背を主体とした「身体のゆがみ」による慢性的な痛み・症状が、
実はうつ症状発症の大きな要因となっているということなんです。



特に、首の筋肉の異常から自律神経失調などを起こす疾患を
頚性神経筋症候群(頚筋症候群)といい、

その三大症状として、

頭痛、めまい、自律神経失調症

があります。

この頚性神経筋症候群(頚筋症候群)が原因で起こるうつ症状が、
「頚筋性うつ」と呼ばれるものです。

従来型の真性・定型「うつ病」が原因不明の精神疾患
(内因性・脳や心の病気)であるのとは異なり、

身体的原因のある「うつ症状」です。


従来型の真性「うつ病」に対しては、

心理カウンセリングのほか精神安定剤や抗うつ剤など
薬物療法が行われ一定の効果をあげていますが、

「頚筋性うつ」の場合、カウンセリングや薬剤を飲んでも、

身体的原因である首の筋肉の過剰な緊張がそのままであれば、
十分な症状改善ができないのです!!



慢性疲労や「うつ症状」に悩む方は、薬剤に頼った依存症になる前に

頚部や肩甲骨の角度、周辺筋肉の緊張状態をくわしく検査して、
適切な状態に整えましょう。


*頚性神経筋症候群(頚筋症候群)の効果的治療法


*頭痛・首肩こり・慢性疲労を解消!


*「筋頚性うつ」改善の患者さんの感想


身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!
病院でよくならなかった頭痛肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
海外でも認められた30年の実績! 川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京(渋谷)  横 浜  船 橋  さいたま新都心  名古屋

==============================

首・肩こり、頭痛、慢性疲労などで悩む

ビジネスマン必見!


パソコン&スマホで「うつ」る前に、

正しい予防の方法教えます!

Amazon部門別ランキング2位獲得!


スマホ依存症・スマホ症候群・スマホうつ

全国有名書店にて発売中!



Amazonで中身を確認して購入できます!

==============================
関連記事

この記事と関連する記事

うつ症状治療は、まず頚性神経筋症候群の治療から

スレッドテーマ : 心と身体のケアを大切に! ジャンル : 心と身体

(0)TB(0)

AFTER「頚性神経筋症候群の効果的治療法

BEFORE「頭痛・首肩こりによる新型うつ「頚筋性うつ」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top