病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

2010 04/09

患者さんによく聞かれる質問

こんにちは、横浜センターです。

いつも我々が施術をしている時に、患者さんによく聞かれる質問があります。

それは。。。。。

「先生方は腰が痛くならないのですか??」

これは施術中の私たちの姿勢を気遣って聞いていただいてるのだと思います。

川井筋携帯療法の基本施術は、私たち術者が中腰で前かがみになり、
患者さんの膝を持ち、骨盤を中心に全身をゆらゆらと前後に細かく
揺さぶります。

DSC06192_convert_20090716105920.jpg


患者さんは力を抜いて仰向けに寝て、他動運動で股関節や腰椎椎間関節
を動かされている状態です。

言い換えると私たちが患者さんの筋肉の代わりをして、
関節を動かしている状態ですね。

身体がゆがんでいる患者さんは、たいてい筋肉硬く
動かしにくくなっている箇所があります。

特に骨盤を中心とした左右差は重要で、どちらかに側湾しているケースが多く、
周辺の筋肉が左右不均衡に緊張しているためです。

このように前かがみの中腰姿勢で集中して身体の動き・筋肉や関節の状態を
見極めて、緊張した筋肉を緩めて整えていく作業ですので、
自然と私たちの筋肉疲労も左右差がでてきます。

患者さんの「身体のゆがみ」を整える先生の身体がゆがんでしまっていたら
いけませんよね。


ですからいつも「身体のゆがみ」のセルフチェックをして、
生活習慣に気をつけています。

また疲労をためないように自分でゆらゆら体操をしたり、
ちょっとおかしいなと思ったらお互い施術しあったりします。


患者さんにも自分でできる体操の指導も行っております。

日々の「身体のゆがみ」チェック、セルフケアは大切ですよ!
関連記事

この記事と関連する記事

患者さんによく聞かれる質問

スレッドテーマ : 膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら! ジャンル : ヘルス・ダイエット

(0)TB(0)

AFTER「祝!宝塚音楽学校合格!!

BEFORE「肩の激痛で2ヶ月以上苦しみました!(70歳主婦)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top