病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

「2010年05月」日時の記事

腰部脊柱管狭窄症、すべり症!? 50代 男性

川井筋系帯療法治療センターには、腰痛で悩む方も多く来院しています。 今日は、50代の腰痛患者さんの施術の感想をご紹介します。******************************50歳くらいから腰が痛くなって、通常の整形外科を始めとして中国整体やスポーツマッサージ等いろいろな腰痛治療に通いました。どれも一向に良くならないで生活しているうちに、3年ほど前に特に腰痛がひどくなり、数10mしか歩け...

身体が元気でいられると、心も元気でいられる(30代 女性 看護師)

《患者さんの施術の感想》身体が元気でいられると、心も元気でいられる(30代 女性 看護師)私は仕事柄、肉体的、精神的に疲労していることが多いです。疲労が蓄積したときに体の弱いところに不調をきたします。私の場合、片頭痛の発作や、顎関節症にて顎が外れてしまう。肉体的にも腰痛や頚部の痛み・張り感が出現することが多いです。身体が不調でいると、仕事中に笑顔でいられない。施術にて身体のゆがみを整えることによって...

頚性神経筋症候群の効果的治療法

頚性神経筋症候群(頚筋症候群)の治療法としては、どのような方法が効果的か?頭痛、めまい、自律神経失調症、そして場合によっては新型うつ=「頚筋性うつ」へと発展する可能性のある頚性神経筋症候群(頚筋症候群)「首の筋肉の異常な緊張が原因」ですが、薬や注射は当然、また、単なる首のマッサージや針治療、牽引、温熱局所的な首の矯正などでは、残念ながら効果的な治療ができません。。。なぜなら、首の筋肉が異常な緊張を...

うつ症状治療は、まず頚性神経筋症候群の治療から

最近は、慢性疲労やうつ症状で悩んでいる方が多いですね。当治療センターでも頭痛、首こり、肩こりを訴える患者さんで「うつ症状」に悩む方もよくみられます。現在、日本のうつ病治療の多くは薬物治療中心ですが、先日、読売新聞が全国の精神科診療所に行なったアンケート調査では、「薬物偏重の傾向がある」と7割以上の精神科医が懸念を示したそうです。一般的に、うつ病は「心の病」「精神的ストレスが原因」として精神科や心療内...

頭痛・首肩こりによる新型うつ「頚筋性うつ」

最近は、慢性疲労やうつ症状で悩んでいる方が多いですね。みなさん「頚筋性うつ」ってご存知ですか。「頚筋性うつ」とは、脳神経外科医で東京脳神経センター理事長松井孝嘉医学博士が提唱している症候概念です。(2009年7月日本うつ病学会で新型うつについて発表)首の筋肉の異常から自律神経失調などを起こす疾患を頚性神経筋症候群(頚筋症候群)といい、その三大症状として、頭痛、めまい、自律神経失調症があります。この頚性...

Top