病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

「頭痛・首こり・肩こり・慢性疲労を改善!」のカテゴリを含む記事

頭痛・首こり・肩こりを解消する治療とは

最近は、若い女性で肩こりや首こり、頭痛の症状を訴える患者さんが目立ちますね。しかし、単に首や肩を揉みほぐす程度ではその時の疲れは取れても、慢性的な頭痛・首こり・肩こりは、なかなか改善できません。なぜなら、頭痛・首こり・肩こりの根本原因は、「身体のゆがみ」やIT猫背などの姿勢骨格の悪さによるものだからです。体の土台である骨盤が斜めになっていたり、ねじれたりしていると バランスをとるため上半身が傾いた...

IT猫背による頭痛・首こり・肩こりが急増中!

IT猫背 にご注意ください!みなさんは首こり・肩こり、頭痛などに悩まされてはいませんか?当治療センターでもこの数年、頭痛や首こり・肩こりなどで来院される方が急増しています。以前は、身体を使うお仕事の方が首こりや肩こりを訴えるケースが多かったのですが、最近はデスクワークで長時間パソコン作業をする方のほうが圧倒的に多く、しかもこの2〜3年人数は急増しています。また、電車に乗っている時や歩行など移動...

肩こり・肩痛を解消!

 先日、腰痛がきっかけで週に一度通われている患者さんが来ました。 68歳、男性です。 この日は少し前から肩こりが強いので肩の施術をしてほしいとの事でした。 最近、腰の状態が良くなってきたので、以前趣味で通われてた囲碁教室 に再び通い始めたそうです。 たしかに、元々猫背ですし首や肩が前傾した状態で、長い時間、同じ 姿勢で囲碁をしていれば首や肩周りの筋肉が緊張して血流が悪くなり 肩こりしやすくなると考...

効果的な猫背の矯正法

あなたは、『猫背』になっているよ!!と注意を受けたことはないですか?!その時は、気を付け背筋を伸ばすことをしますが、そのままでいるのはなかなか辛いと思います。最近は仕事柄、パソコンを使われる方が多いと思います。特にIT系の仕事の方や事務系の方は、長時間になるため、首・肩の位置が前方に固定されたままで体にクセがついてしまいます。それを解消するためには身体の土台となっている『骨盤の位置』と、体の大黒柱で...

喉の違和感の原因は、実は首肩こり

最近、喉の違和感、不調を訴えて来院する患者さんが2~3人続けていらっしゃいました。呼吸をするのがつらい、喉が詰まるような感じがする、声が出にくいなどの症状でした。共通していたのは、首の側面の筋肉の緊張が強く、前後に動かしづらいということ。姿勢は猫背の方が多かったです。頭の重さは5キロくらいありますが、姿勢がわるく猫背ですと重心が前にありますので、まず首の後面の筋肉が頭を支えるために緊張(収縮)して...

首肩こり、寒さに注意。

 こんにちは。 名古屋治療センターです。 このところ名古屋周辺は、天候不順で寒いですよね。 たしか、2009年の冬予測で「暖冬」だった気が・・・。 同じ愛知県内でも地域差が出て、雪が降ったり、積もったり。 雪が降ったり、積もったりしても共通して言える事は「寒い」ですよね!  この 「寒さ」は、身体にとって難敵 なんです!!。 無意識のうちに、筋肉が縮こまったり、常に張っていたりして。 この時期に 「肩...

ゲーム首にご注意!!

最近、電車の中や駅のホームでPSPやニンテンドーDSなど携帯ゲームを楽しんでいる人をよく見かけます。また、携帯電話でメールを打っている人やインターネットをしている人も。携帯の利便性から手軽に時間をつぶせる事から広く普及してますが、問題は・・・画面を見ている人の姿勢 です!!!頭が下向きになり、肩が前のめりになっている姿勢。最近このような状況を ゲーム首 とも呼ばれているようです。猫背気味になっている...

首肩こり、全身のこわばりがなくなった!(40代 男性 会社員)

《患者さんの施術の感想》首肩こり、全身のこわばりがなくなった!(40代 男性 会社員)私がさいたま新都心治療センターでお世話になり始めたのは7/14です。 左首と左側頭部がジンジンと痛み、両足が冷え全体がこわばり、肩から背中、腰にいたる広範囲が硬くなり、会社でのデスクワークに耐えられないばかりか、ただ寝ているだけでもだるい状態をどうにかしたい一心で治療のお願いに伺いました。 治療前に身体の状態を確認するた...

肩の激痛で2ヶ月以上苦しみました!(70歳主婦)

こんにちは、船橋センターです。今日も患者さんの感想をご紹介します。下の「モアレ写真」は、70歳の主婦、H.Sさんです。左右の肩の高さ、肩甲骨の位置が左右で極端に違っているのがわかると思います。また、背中の真ん中に丸い模様が出ていることから、猫背気味になっていることや背中の筋肉が過剰に緊張して肩甲骨の動きが制限されているのもわかります。《H.S.さんの施術の感想》肩の激痛で2ヶ月以上苦しみました。その間...

頭痛・首肩こりによる新型うつ「頚筋性うつ」

最近は、慢性疲労やうつ症状で悩んでいる方が多いですね。みなさん「頚筋性うつ」ってご存知ですか。「頚筋性うつ」とは、脳神経外科医で東京脳神経センター理事長松井孝嘉医学博士が提唱している症候概念です。(2009年7月日本うつ病学会で新型うつについて発表)首の筋肉の異常から自律神経失調などを起こす疾患を頚性神経筋症候群(頚筋症候群)といい、その三大症状として、頭痛、めまい、自律神経失調症があります。この頚性...

うつ症状治療は、まず頚性神経筋症候群の治療から

最近は、慢性疲労やうつ症状で悩んでいる方が多いですね。当治療センターでも頭痛、首こり、肩こりを訴える患者さんで「うつ症状」に悩む方もよくみられます。現在、日本のうつ病治療の多くは薬物治療中心ですが、先日、読売新聞が全国の精神科診療所に行なったアンケート調査では、「薬物偏重の傾向がある」と7割以上の精神科医が懸念を示したそうです。一般的に、うつ病は「心の病」「精神的ストレスが原因」として精神科や心療内...

頚性神経筋症候群の効果的治療法

頚性神経筋症候群(頚筋症候群)の治療法としては、どのような方法が効果的か?頭痛、めまい、自律神経失調症、そして場合によっては新型うつ=「頚筋性うつ」へと発展する可能性のある頚性神経筋症候群(頚筋症候群)「首の筋肉の異常な緊張が原因」ですが、薬や注射は当然、また、単なる首のマッサージや針治療、牽引、温熱局所的な首の矯正などでは、残念ながら効果的な治療ができません。。。なぜなら、首の筋肉が異常な緊張を...

首こり・肩こりと自律神経

パソコンをしていて肩こりになるという人は多いと思います。お仕事柄1日中パソコンの前に座りっぱなしという人は、どうしても姿勢が悪くなりがちで、横から見ると首を前に突き出し、腕もマウスやキーボードを打つため前に前に出ているため、重心が前に行ってしまい、猫背になる、いわゆるIT猫背になっています。それに加えて自律神経の問題もあると思います。自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経とは大まかに言う...

首肩こりと自律神経(副交感神経)

こんにちは、横浜センターです。前回は、肩こりと自律神経の関係について、交感神経が優位になると体は緊張し、肩こりになりやすいので、体を休めるためには、副交感神経が優位になったほうが良いと書きました。それではどうすれば、副交感神経が優位になるのでしょうか?副交感神経の細胞体は、脳と仙椎にあります。有名なものは、延髄から出てくる迷走神経と呼ばれるものです。迷走神経は、まず頚部を通って、体幹のほぼ全ての内...

頭痛、眼の疲れ、ムチウチなどの症状を改善する治療

今回はブレインリフレッシュという施術を紹介します。頭部や頚部の筋肉や神経にアプローチしていく施術で頭痛や眼の疲れを改善し、迷走神経を中心とした、自律神経を整えリラックスさせる効果があります。通常通り、基本であるからだの歪みを整え終わりました。リラックスして筋肉は緩んでいる状態です。まずは首の側面にある胸鎖乳突筋をゆるめます。この筋肉は首の前後、左右、回旋すべてに働く重要な筋肉です。次は頚椎に沿った...

頚筋性うつを撃退(うつ)!チェアマシン

最近巷で耳にする「頚筋性うつ」という言葉神経伝達の不具合が疑われる精神疾患としての「真性うつ」とは違い、デスクワークから来る不良姿勢、ムチウチなどを原因に首の筋肉が過剰に緊張し、自律神経失調からうつ症状に至る事をいいます。ではそもそも首の緊張が少なければ「頚筋性うつ」は起こりにくいのではないでしょか?そこで川井筋系帯療法では不良姿勢改善に「チェアマシン」をオススメしています前傾姿勢、猫背を矯正して...

冷房による頭痛・首肩こりに注意!

こんにちは 船橋センターです。今日から9月ですが暑い日が終わりませんね・・・家から出るのをためらう今日この頃です;;あまりの暑さにおもわずエアコンのスイッチに手が伸びてしまいます(笑)でも、今年は熱中症が多発しているので、あまりがんばりすぎずつけた方がいいんですよね><ただ、最近肩こりや頭痛で悩んでいる患者さんで増えている原因が「一晩中冷房つけっぱなしで寝ていて、朝起きたら肩が痛くて・・・」「職場...

なぜ、肩こりが起こるのか??

一般的に、姿勢の悪さ、運動不足、あるいは高血圧などといったことが、肩こりの原因と考えられていますが、肩がこりやすい人の体型をよく観察してみると、脊椎が大きく後ろへわん曲して猫背になると同時に、両肩が前方へ傾いています!そのため、背中の筋肉が伸展し緊張し、背部の毛細血管が阻害され、背部全体の違和感と肩こりが起こります。脊椎が胸部で後ろにわん曲するのは、身体の前面の筋肉と靭帯が拘縮しているためです。し...

四十肩・五十肩は肩関節の疾患が原因

四十肩・五十肩の原因は??日常生活にも支障をきたす激しい痛みの四十肩・五十肩四十肩・五十肩とは、肩関節のまわりの組織に炎症が起きた状態ですこの四十肩・五十肩 呼び名は俗称で正しくは「肩関節周囲炎」といいますみなさんもご存知の通り50代を中心に40~60代あたりの年代に多発するのが特徴です物を持ち上げようとした瞬間やゴルフのスイングをした瞬間に突然激痛に襲われそれ以降から 肩を動かすとひどい痛みに悩...

マウス肩・マウス肘にご注意を!!

『マウス肩・マウス肘』 でお悩みの方が増えています!こんにちは、東京センターです。みなさんは 『マウス肩・マウス肘』 というのをご存知ですか??東京センターは渋谷のオフィス街に近いため首・肩こりの悩みをかかえている方も大変多く来院します。特に、パソコン作業の長時間化で、『マウス肩・マウス肘』と呼ばれる状態の方が多いです。『マウス肩・マウス肘』とは、PC作業の姿勢を長時間するだけでも、背中が猫背姿勢...

Top