病院でよくならなかった人の為の整体院

頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピー・喘息などの 原因や治療法

「頚性神経筋症候群・頚筋性うつ」のカテゴリを含む記事

うつ症状治療は、まず頚性神経筋症候群の治療から

最近は、慢性疲労やうつ症状で悩んでいる方が多いですね。当治療センターでも頭痛、首こり、肩こりを訴える患者さんで「うつ症状」に悩む方もよくみられます。現在、日本のうつ病治療の多くは薬物治療中心ですが、先日、読売新聞が全国の精神科診療所に行なったアンケート調査では、「薬物偏重の傾向がある」と7割以上の精神科医が懸念を示したそうです。一般的に、うつ病は「心の病」「精神的ストレスが原因」として精神科や心療内...

頚性神経筋症候群の効果的治療法

頚性神経筋症候群(頚筋症候群)の治療法としては、どのような方法が効果的か?頭痛、めまい、自律神経失調症、そして場合によっては新型うつ=「頚筋性うつ」へと発展する可能性のある頚性神経筋症候群(頚筋症候群)「首の筋肉の異常な緊張が原因」ですが、薬や注射は当然、また、単なる首のマッサージや針治療、牽引、温熱局所的な首の矯正などでは、残念ながら効果的な治療ができません。。。なぜなら、首の筋肉が異常な緊張を...

頚筋性うつを撃退(うつ)!チェアマシン

最近巷で耳にする「頚筋性うつ」という言葉神経伝達の不具合が疑われる精神疾患としての「真性うつ」とは違い、デスクワークから来る不良姿勢、ムチウチなどを原因に首の筋肉が過剰に緊張し、自律神経失調からうつ症状に至る事をいいます。ではそもそも首の緊張が少なければ「頚筋性うつ」は起こりにくいのではないでしょか?そこで川井筋系帯療法では不良姿勢改善に「チェアマシン」をオススメしています前傾姿勢、猫背を矯正して...

『首うつ』(頚筋性うつ)急増中! 要注意です!!

みなさん 『首うつ』(くびうつ)というのを知っていますか?この『首うつ』と思われる方が、最近非常に急増しているます。 『首うつ』の方に多いのは、パソコンなどによる長時間のデスクワークを仕事にされる方の多いです。(パソコン作業姿勢が猫背みぎの方が要注意です。・・・これを『IT猫背』といいます!!)○通称『首うつ』というのは、・ 『頚筋性うつ』 (けいきんせいうつ)・ 『頚性神経性筋症候群』 (けいせいしんけ...

新型うつ、頚筋性うつの改善に確かな施術を

最近よくマスコミ、ネット上で「うつ」「新型うつ」という言葉を目にします国際情報誌サピオ2011.10/5号では、「うつで病院に行くと殺される!?」という刺激的な題の特集が四週に渡り連載されました。ここでは自殺者の大半が精神科や心療内科を受診していない事を理由に国が精神科の早期受診キャンペーンを打ち出したが実際その効果が得られないことそれと安易な診断による誤診、必要以上の投薬などを挙げています(第一回より)...

頭痛、頸筋性うつ

こんにちは横浜センターです今回は頭痛と鬱症状で来院された44歳の男性の施術の感想ですひどい頭痛が長期的に続き精神的にも、うつになっていました病院ではMRIなどで異常なし頭痛薬を処方され、それにより一時は痛みは無くなりましたが、毎日飲むようになって逆に胃腸の不良薬のききめも悪くなり、痛みも強くなりふさぎ込んでいました川井筋系帯療法センターでは体の歪み、特に私の場合は骨盤の歪みからくる背骨の歪みが原因で治...

頸椎症からのうつ症状

頸椎症からのうつ症状  以前、頚椎症が身体に及ぼす影響についてお話しました。  ※以前の記事はこちら 「頚椎症(けいついしょう)」       首や肩の痛み、手の痺れなどから頚椎症と診断され その症状が続く事による睡眠不足、身体のだるさ、頭がボーッとする... といった不定愁訴のような症状も表れることがあります。 さらに症状が進行すると精神的にも影響が出ることもあり 場合によっては心療内科を受診され、...

首こり病 現代人の新生活習慣病(首こりによる身体不調)

首こり病現代人の新生活習慣病頚性神経筋症候群(CNMS)頚筋性症候群オフィスでの仕事で1日中パソコン作業、そして、行き帰りの電車や食事中もスマートフォンをてにしている方よく見ます。また、一日中TVゲーム(携帯ゲーム)にはまっている人も多いと思います。これらの生活をしている人に最近非常に多いのが、『首こり病』です!!首こり病??首こり病、初めて聞く方も多いと思います。この首こり病は一般的な病気とは違います。首...

Top